葉酸サプリ

MENU

妊活のための食事、食べ物

妊活をするうえでは妊娠についての正しい理解を深めることが大切です。
妊活とは一言でいえば妊娠に前向きな活動をすることです。具体的には自然な妊娠に適した体づくりや生活スタイルを心がけること。妊娠についての正しい知識を身に着けることです。
体づくりを考えるうえでは、普段の食生活の果たす役割がおおきくなります。
妊活中の方におススメしたい食事を見ていきましょう。

 

■妊活のあなたにおススメの食事法

 

妊活中の人に限ったことではありませんが、一日三食、バランスの取れた規則正しい食事が基本になります。
そのうえで、妊活におススメの食事について考えてみたいと思います。
まず、タンパク質は妊活中の女性にとって欠かすことのできない栄養素だといえます。なぜならば、タンパク質は体の組織を作る重要な栄養素だからです。
肉や魚などの動物性タンパク質、大豆などの植物性タンパク質のどちらも大切です。良質なタンパク質をバランスよく摂るように心がけましょう。
それに加えて、ビタミン、ミネラル、食物繊維も大事な栄養素になります。健康を維持するうえで有効なものです。妊娠、出産後も意識して摂る必要があります。

 

妊活は「温活」とよばれることもあります。妊活中に体を温めることが大切だからです。体を温めてくれる食材を見てみると、にんじん、レンコン、ごぼう、ネギ、ショウガなどの根菜、山芋、味噌、醤油、スパイスなどです。
根菜類などを過熱してたべるとより効果的です。スープや煮物などにして食べるのがよいでしょう。

 

 

 

■妊活には控えた方がよいもの

 

妊活中に食べるのを控えた方がよいものもあります。
マグロや金目鯛、クジラなどがあげられます。自然界にある水銀が食物連鎖などによってこれらの魚に含まれているからです。水銀を体にいれないためにもこれらの魚は避けて、別の魚を摂るようにしましょう。厚生労働省は「水銀が胎児に悪い影響を与える可能性がある」と注意を呼びかけています。
レバーも気を付けたい食品です。レバーに含まれるビタミンAの過剰摂取が胎児に悪い影響を与えるとされているからです。
また、カフェインにも注意しましょう。カフェインを多く含む紅茶やコーヒー気分転換やリラックス効果などもあってなかなか手放せない飲み物です。体を冷やす、不妊症に危険が高まるなどの可能性が指摘されています。ハーブティーなどに切りかえましょう。