葉酸サプリ

MENU

妊活中は予防接種しても大丈夫?

最近では流行をみこしてインフルエンザの予防接種を受けるのが当たり前になっています。
インフルエンザに限らず、予防接種には様々な種類があります。
赤ちゃんのために良いとすすめられるけど、妊活中に大丈夫?と気になる方もおられるでしょう。妊活と予防接種について考えてみましょう。

 

■予防接種は妊娠の前に!

 

予防接種とは、病気に対する免疫をつくるために抗原物質(ワクチン)を注射などで体に取り入れることです。ワクチンは、感染症の原因となる病原体を弱めたものです。それによって、病気を防ぎます。中には、予防接種をして体調が悪くなるということもあります。

 

また、妊娠をしているときは、普段にくらべると不安定になっていて、少しのことで変調をきたすこともあります。母体はもちろん赤ちゃんにも影響することがあるので、妊娠中の予防接種は避けた方が良いのです。
結論としては、妊娠前に予防接種を受けるべきです。妊活をはじめたら、予防接種を受けて様々な病気の要因を取り除くのがよいのです。それが、安全でスムーズな妊活につながります。

 

■予防接種をしてからどれぐらいの期間をあける?

 

予防接種を受けたあとは体調を崩すこともあります。また、ワクチンによっては約1カ月間避妊して接種し、接種後約2カ月間は妊娠しないようにとの注意が必要なものもあります。ですから、
接種後すぐの妊娠は避けた方がよいでしょう。
予防接種を受けるのは、妊活をはじめたらすぐにと覚えておきましょう。

 

 

■ほかに気をつけたいこと

 

妊娠する女性が予防接種を済ませているから大丈夫と思っていませんか?妊活中の予防接種は男性も忘れてはいけません。男性から感染するということが少なくないからです。
重症化すれば命に関わることもあるのです。
妊活をはじめたら、女性も男性も早めの接種が肝心です。