葉酸サプリ

MENU

妊活中はお酒、タバコは控えるべき?

妊活中は体を健康な状態に保ち、妊娠に適したものとなるよう心がけることが大切です。
中でも女性については、日ごろの生活のリズムやパターンを望ましいものにすることも必要です。
そこで、喫煙と飲酒について考えてみたいと思います。女性に限らず、タバコをすう人やお酒を飲む人はたくさんいます。でも、体の健康を考えるなら控えた方がよいのは、あらためていうまでもないでしょう。
それでは、妊活中はどうなのでしょう?

 

 

 

■喫煙の影響は?
喫煙は様々な病気を引き起こすといわれています。循環器疾患やがんの要因になるとされているのです。たばこには多くの発がん性物質が含まれています。また、喫煙によって血管が収縮するので血流が悪くなり心筋梗塞などの原因となるからです。
妊娠中に喫煙しない方がよいことは誰もが認めるところです。赤ちゃんや母体にとって良くないからです。
妊活中も喫煙はやめるべきです。喫煙によって女性ホルモンのバランスが崩れます。月経中に排卵されない無排性卵月経の症状になることもあります。
毎月、生理があるから大丈夫だと安心していたのに、病院で診てもらったら無排性卵月経だったという人も少なくないのです。
さらに、たばこの有害物質によって卵細胞が影響を受けて早期閉経するという指摘もあります。

 

たばこは女性だけでなく男性にも悪く影響します。喫煙によって精子が減少したり、ダメージを受けたりすることで、妊娠がうまくいかなくなるからです。
「男性の喫煙が妊娠とどう関係する?」という向きもあるかもしれません。スムーズな妊活のためには禁煙がキーワードになります。女性だけではなく男性もともに禁煙することをお勧めします。

 

■飲酒の影響は?
酒は百薬の長ともいわれますから、適度な飲酒は健康に良いとされています。
といっても、ついつい適量を超えて飲みすぎることが少なくありません。
このアルコールの摂りすぎが良くないのですが、女性ホルモンに悪影響を及ぼします。月経が不規則になる、受精や着床がしにくいなどの支障が出ます。男性の生殖にも害を及ぼすことがあります。
妊活を進めるのであれば、アルコールとは上手につきあいながら適量をこころがけましょう。