葉酸サプリ

MENU

葉酸サプリについての情報まとめ

葉酸は妊娠中の女性にとって大切とされている栄養素の一つで、それが含まれた妊娠初期、中期に必要なサプリを葉酸サプリといいます。また、不妊対策ともとても関係が深いとされています。
当サイトでは、そんな葉酸サプリについておすすめ売れ筋の葉酸サプリの紹介と、葉酸サプリの効果や成分いついて詳しくご説明いたします。

 

葉酸サプリのおすすめランキング

オーガニックレーベルの葉酸

オーガニックレーベルがお届けする葉酸サプリメントは、100%無添加、天然原料ですから安心です。妊娠にとって重要な役割を果たす葉酸を、極小サイズの1粒に詰め込みました。
葉酸の吸収をよくするためにサプリメントにしましたが、お薬ではなく食品なので、妊娠前や妊娠中のデリケートな時期でも安心して服用できます。サイズもコンパクトなので、どなたでも飲みやすく、葉酸独特のニオイもおさえてあります。

▼オーガニックレーベル 葉酸サプリの公式サイトはこちら▼

オーガニックレーベル 葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリには葉酸が豊富です。さらに、27種類のビタミン、カルシウム、鉄分、などの栄養とコラーゲンやヒアルロン酸やなどの美容成分まで配合された究極のサプリメントです。葉酸や多くの栄養素や美容成分を一度に摂取できるだけでなく、添加物や香料を一切使用しない安心の製法です。そのため、体のケアが必要な妊娠中でも気にすることなく服用できます。雑誌でも何度も紹介されていて、妊活中・妊娠中の皆さんに根強い人気を誇るサプリメントです。

▼ベルタ葉酸サプリの公式サイトはこちら▼

ベルタ葉酸サプリ

美的ヌーボ

美的ヌーボには胎児の健やかな発育に欠かせない葉酸と妊娠中の母体を健康と美容の両面からサポートする27種類ものビタミンとミネラルが含まれたサプリメントです。天然素材100%の葉酸ですから食事をするのと同じように補給できます。妊娠中は体調が不安定になりがちですが、厳選された自然野菜などの栄養分を凝縮しているので貧血や肌荒れから守ってくれます。有名人の愛用者も多く、たくさんのメディアでも取り上げられ評判は上々です。また、信頼の証として2014年モンドセレクション金賞を受賞しています。

▼ビタミンとミネラルの美的ヌーボの公式サイトはこちら▼

ビタミンとミネラルの美的ヌーボ

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」はその名のとおり100人以上の女性の声から生まれたサプリメントです。妊娠前・妊娠中などに大切な栄養素である葉酸を安全に手軽にとっていただけるように、原料、製造、出荷のすべての工程で徹底して安心にこだわっています。天保2年(1831年)創業の本草製薬との共同開発で、健康食品販売45年以上の実績を誇るエーエフシーが販売しています。雑誌やテレビでも紹介されて、安心と実績には自信があります。赤ちゃんとお母さんの健康をしっかり応援します。

▼女性100人の声から生まれた 葉酸サプリの公式サイトはこちら▼

女性100人の声から生まれた 葉酸サプリ

amoamo

amoamoは妊活中から妊娠中の方までをサポートしてくれるサプリメントです。エビちゃんこと蛯原友里さんの妹でチャイルド・ボディ・ セラピストの蛯原英里さんがプロデュースしていることでも注目されています。妊娠前・妊娠中・授乳期に必要な栄養を一日3粒で摂取できるオールインワンサプリです。ですから、ほかのサプリや栄養補助食品は不要です。赤ちゃんやママの身体にはもちろん、1日あたり110円とお財布にも優しいサプリなので長く続けられます。

▼amoamoの公式サイトはこちら▼

amoamo

 

葉酸サプリに含まれる葉酸とは?

葉酸はブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれるビタミンB群の一種です。
「葉酸」の語源は、ほうれん草の葉から発見されたビタミンということからきています。
葉酸は、細胞を正常に保ち、血液や新しい細胞を生成したり、タンパク質や核酸の合成に働き細胞の生産・再生を助け、体の発育を促します。
核酸は生物の細胞に存在するもので核酸の成分のひとつがDNA(遺伝物質)です。葉酸はそのDNAが生成されるときに働く補酵素で、細胞分裂に不可欠な栄養素です。
妊活とは妊娠をするために前向きな活動をすることで、自然な妊娠を促すための体づくりや生活スタイルを心がけること、妊娠に対する理解を深めることなどをいいます。
ることです。

葉酸サプリの効果

妊娠女性以外の色々な年齢・性別の人にも葉酸サプリは必要とされています。
ダイエット中も頻繁に取り入れたいのが葉酸です。ダイエット中は食事制限等でホルモンバランスが崩してしまいます。
その際、葉酸サプリは血液中の赤血球形成に効果があるため体内の環境を良好な状態に保つ働きをしてくれます。
お肌トラブル対策として葉酸はビタミンCと共同作用し、シミや色素沈着を防ぐ効果があります。
また、貧血解消効果として葉酸サプリは必要です。赤血球を生成するためには「葉酸」と「ビタミン12」が必要不可欠であり、葉酸が不足すると赤血球の生成がうまくいかず、これが貧血の原因に関係します。
さらに葉酸サプリはDNA合成・造血作用から、「心筋梗塞」「脳溢血(のういっけつ)」「ガン」「認知症」「アルツハイマー」の予防にも効果があるとされています。

 

葉酸サプリで妊娠初期の胎児先天性奇形を予防

胎児先天性奇形とはお腹の中で赤ちゃんに奇形が生じてしまう事象のことで、先天性奇形は、「ダウン症」「ファロー四微症」「口蓋裂」「唇裂」「無脳児」などがそれにあたります。
先天性奇形の原因は染色体や母親のDNAが2〜3割、母親の疾患や薬剤の使用が関連しているといわれています。
これらの影響を受けやすいのが妊娠初期(〜12週頃)と言われています。
妊娠初期の葉酸不足は胎児の神経管閉鎖障害の可能性が高くなるともいわれています。

 

一日400mgの葉酸サプリを摂取することで先天性奇形が確立減少されるといわれ、妊娠初期は特に必要な栄養素として厚生労働省も推奨しています。

 

また、葉酸サプリは、妊娠中や出産後の授乳期にも必要な栄養素とされています。
葉酸はおなかの赤ちゃんの細胞を生成し、発育を補助したり、栄養を運ぶ血液を作りだす働きを担い、母乳の栄養価も高め、授乳中の葉酸不足は、母乳生成の元になる血液不足が母乳の出に影響します。

 

 

不妊対策と葉酸サプリ

葉酸サプリは着床力や妊娠力を上げるためにとても重要なものと言われています。
不妊症は黄体ホルモン(プレゲステロン)の分泌の滞りや働きが不十分な状態が原因とされています。
葉酸サプリは卵巣機能を向上させ、黄体ホルモンの分泌を促し、「子宮内膜の強化」「子宮内の血流強化」「着床・着床後のサポート」をしてくれるといいます。
また葉酸の欠乏は着床や子宮頚がん防止に効果があると言われ、不妊にも大きく影響し、女性がかかりやすい病気の恒常性疾患も葉酸が欠乏することによって新陳代謝や
甲状腺腫を引き起こし、甲状腺ホルモンのバランスにより、月経不順や無月経を引き起こすとされます。
葉酸は遺伝子を正常に保つ働きがあるので、流産の防止や胎児が育ちやすい体づくりができるということで重要な栄養素として、意識的に摂取する必要があります。

 

 

男性と葉酸サプリ

不妊夫婦の約3割が男性不妊の原因によるものといわれています。そのため、女性だけではなく男性に葉酸不足も不妊には大きく影響しています。
葉酸は精子の分裂にも関係し、摂取することで染色体異常を防止します。
胎児先天性奇形は卵子や精子の分裂により決定し、分裂が正常に行われ、受精すれば奇形が生まれることはなく、分裂が正常に行われずに染色体異常が生じた卵子と精子が受精すると、
その時点で奇形が決定されます。そのため、正常な分裂をサポートするために葉酸が必要とされます。
男性の一日は女性の半分の約240mgの摂取が推薦されています。
男性が葉酸サプリを意識的に摂取することにより、妊娠の確立が上がり、女性のストレスも改善されるでしょう。

 

 

妊娠を望む女性、男性にはもちろんそれ以外にも葉酸はからだのバランスを整える重要な栄養素です。
妊活中や妊娠中、出産後、日々の生活の中で意識的に摂取することをおすすめします。

授乳中にも摂りたい葉酸

葉酸は妊娠前、妊娠中にしっかり摂っていれば、出産後はいらないと思っていませんか?
実際のところそうではなく、授乳中も葉酸は赤ちゃんとお母さんにとって重要な役割を持っているのです。
そこで、葉酸と授乳にはどんな関係があるのか、見てみましょう。

 

■葉酸は血液のようなもの
葉酸は、赤血球を作るのに不可欠な栄養分。
お母さんが葉酸不足のため十分に赤血球を作れず、貧血を起こしたらどうなるでしょう?
ミルクがなかなか出なくなるのです。
お母さんのミルクには、赤ちゃんに必要な栄養が含まれていて、粉ミルクとは違うのです。
母乳は、言ってみれば血液のようなものです。
授乳というのは、赤ちゃんに血液を与えることだと考えてよく、肝心のミルクが出なくなったり、出たとしても栄養が足りていなくては意味がありません。
なので、授乳中のお母さんは葉酸を摂取する必要があります。

 

■赤ちゃんが健康に育つために
赤ちゃんは離乳まではミルクだけで育っていくので、ミルクの成分が赤ちゃんの成長に直接かかわってきます。
その時期の赤ちゃんはすさまじく成長します。細胞分裂が盛んに行われます。
だからこそ葉酸が必要になるのです。
しかし、赤ちゃんが葉酸を摂るには、お母さんの栄養をもらうしかありません。
よって、お母さんが葉酸不足になると、赤ちゃんが健康に発育しない可能性も出てくるのです。
細胞レベルの問題なので、遺伝子異常が起こらないよう注意が必要です。

貧血予防にビタミンB12と一緒に葉酸摂る

食べ合わせの良し悪しや相乗効果がある食べ物は多いですよね。それと同様、葉酸にも相性のいい成分があるのです。
一つの例として、葉酸とビタミンB12には密接な関係があり、一緒に摂ればより良い効果が現れます
ここでは、葉酸とビタミンB12の関係性について見ていきましょう。

 

■ビタミンB12はいかに重要なのか
葉酸は新陳代謝と関わる栄養素ですが、そもそも新陳代謝はビタミンB12と結びつくことで行われます。
ビタミンB群はたくさんの人が十分に摂取できておらず、あまり注目を集めていません。
しかし、人体にとっては重要で、全身のたいていの部位においては代謝のために働くので、不足しないようにすべき栄養です。
葉酸はビタミンB12の補助の役割を果たすので、足りなければビタミンB12の働きが弱まり、貧血が引き起こされます。
ほうっておくと、DNAの合成が進まず、赤芽球が正常に作られないまま巨赤芽球が生じます。
すると赤血球が減ってしまうので、貧血になるのです。

 

■ビタミンB12と葉酸は一緒に摂取しよう
葉酸とビタミンB12は、どちらも核酸を合成する際不可欠な成分です。
すなわち細胞分裂のために必要であり、全身のあらゆる細胞に直接影響を与える場合もあります。
精子の異常が起きたり分泌率が低下したりする可能性もあるので、注意が必要です。
こうした問題を防ぐため、肉類や魚類、チーズなどにたくさん含まれているビタミンB12と、葉酸を一緒に摂取しましょう。

アレルギー体質の方の葉酸の摂り方について

アレルギー体質の方は、サプリメントを摂るにしても注意しなければいけません。
健康になろうとして飲むのに、逆に痒みや蕁麻疹などのアレルギー症状が出てしまっては大変です。
天然の葉酸を摂った場合でも、希にアレルギーの症状が出てしまうケースもありますので、上手に摂取する方法を考えていきましょう。

 

○葉酸の摂り方について
先ず、葉酸を摂るには、食事からとサプリメントからの二通りあります。
食事でもサプリでも、酷いアレルギー体質の人は、いらない成分まで身体に取り込んでしまう危険性があります。
出来るだけアレルギーの元になる物質を摂取しないようにするには、食べ物は無農薬のオーガニック食品などを選べば良いでしょう。天然の原料100%の、無添加の食品やサプリメントを選択すれば、アレルギーの症状に苦しむ事も少なくなるはずです。
サプリメントの原料の中には、石油由来の人工的に合成した成分を使用している場合もあるのです。なるべく身体に優しい無添加の食品やサプリを摂取したいものですね。普段口にする食品中にも、保存料や防腐剤など、添加物が沢山含まれているものが結構あるので、出来るだけ気を付けましょう。

 

○葉酸で体質改善しよう
実は、日頃から葉酸を必要な量だけ身体に取り込んでいると、新陳代謝が活発になり、老廃物を体外に排出する作用があるようです。アレルギー体質の人は、毒素を身体にため込みやすくなっている可能性もあるので、葉酸で根本的な体質改善をしてみるのも良いでしょう。
万が一、何かで痒みや蕁麻疹などの症状が出てしまった場合、違う食品を試すなどして、葉酸を積極的に摂る工夫をしてみましょう。

 

 

 

 

更新履歴